「鹿児島・沖縄」が世界自然遺産に推薦されることが正式決定し、玉城デニー知事は「登録に向け大きく前進した」と歓迎した。「本地域は、国際的にも希少な固有種が多く生息・生育するなど、生物多様性の保全上、極めて重要な地域であり、世界遺産として推薦されることは大変喜ばしい」とするコメントを発表した。