名護市辺野古で民宿を経営する市民団体「沖縄平和サポート」(稲葉博代表)は今月から、辺野古新基地建設問題や沖縄の歴史、米軍基地の現状について発信しているウェブサイト「Stand With Okinawa」を韓国語と中国語にも対応させた。