【名護】市辺野古で18日、火事がないことを願う伝統行事「ピーゲーシ(火返し)」があった。集落を走る若者たちを「火の霊」に見立て、住民たちが水を浴びせ、厄払いをした。 午後8時半ごろから青年会の若者たち十数人が拍子木を打ちながら、火の用心を呼び掛けて集落を2巡。