名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票で、自民党が22日、県民投票の「白紙化」をぶち上げた。当初から2択を主張する県政与党は夜まで会議を持ち、改めて現行条例で実施する方針を確認。一方、全県実施に向け、「辺野古」県民投票の会や県は条例改正の可能性を引き続き探っている。