名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票で、県議会野党の自民党県連(照屋守之会長)は22日、現行条例では全県での投票は困難として、2月24日の投開票日を含めゼロベースでの見直しを求める声明を発表した。