静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で、死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)の無罪を訴えて支援する日本プロボクシング協会は23日、事件の概要を描いた漫画を制作すると発表した。小中学生や関心がなかった人にも事件を分かりやすく知ってもらうのが狙い。

 袴田巌さんの姉秀子さん(右)と記者会見する、事件の概要を描いた漫画の作画をする森重水さん=23日午後、東京都文京区

 静岡市清水区出身の元プロボクサーで漫画家の森重水さん(30)が作画。裁判の経過や浜松市で姉秀子さん(85)と暮らす現在の袴田さんの生活も描く。協会が運営する「袴田巌支援委員会」のホームページで2月から毎月15日に全6回を公開する予定。

 森さんは「1人でも多くの人に事件のことを知ってほしい」と話した。(共同通信)