気象庁は23日、急速に発達しながら通過する低気圧の影響により北日本では24日にかけて見通しの利かない猛吹雪や吹きだまりによる交通障害が生じる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。大雪や高波にも注意が必要になる。

 気象庁によると、西高東低の冬型の気圧配置が急速に強まり、24日の北海道や東北は大荒れになる見通し。北海道を中心に湿った雪が降って大雪になるほか、非常に強い風が吹き、海上は大しけになるとしている。

 24日午後6時までの24時間の予想降雪量は多い地域で北海道60センチ。(共同通信)