米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴い、事業者の沖縄防衛局が受注業者を募る入札公告のうち、開札日時を過ぎた2件がいずれも不成立だったことが12日分かった。同防衛局は「応札者がなかった」と理由を説明、今後の対応は「検討中」としている。