北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩朝鮮労働党委員長が23日、ワシントンでトランプ米大統領と会談した側近、金英哲党副委員長から訪米結果について報告を受けたと報じた。金正恩氏はトランプ氏の親書を受け取り、米側との協議結果に満足の意を表明。米朝首脳による再会談への実務準備を指示した。トランプ氏は金英哲氏との会談で2月下旬の首脳再会談開催に合意しており、日程や場所に加え、非核化措置を巡る調整が大詰めを迎えているとみられる。

 23日、平壌で北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(左)からトランプ米大統領の親書を受け取る金正恩党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

 23日、平壌で北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(左)からトランプ米大統領の親書を受け取る金正恩党委員長(朝鮮中央通信=共同)  トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

 トランプ氏は19日、首脳再会談の開催地は決定済みで、じきに発表されると発言。ベトナムが最有力視されている。(共同通信)