共同通信 ニュース

不正統計、与党も「組織的隠蔽」 厚労相3月追加支給を表明

2019年1月24日 12:15

 毎月勤労統計の不正調査問題を巡り、根本匠厚生労働相は24日午前の衆院厚労委員会の閉会中審査で陳謝し、延べ約2015万人に過少支給が発生している雇用保険などについて、現在の受給者には3月から6月までに順次支給すると表明した。不正が発覚してから初の国会論戦で、与党議員からも「組織的関与、隠蔽だ」との批判が出た。

 衆院厚労委の閉会中審査で、答弁する根本厚労相=24日午前

 野党は、この問題を調査していた厚労省の特別監察委員会が22日に公表した報告書に関し「アリバイ的な調査だ。早期に幕引きを図ろうとしている」と追及した。

 根本氏は厚労委の冒頭、「国民の皆さまにご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と述べた。(共同通信)

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS