琉球沖縄歴史学会の1月定例会が26日午後3時半から、那覇市の県立芸術大学当蔵キャンパスである。浦添市立港川小の下地治人教諭が「琉球沖縄の歴史人物教材について」、那覇市立真嘉比小の玉城政宙教諭が「玉城朝薫を題材とした教材」と題して発表。琉球大教育学部の里井洋一教授がコメントし、全体討論がある。