名護市辺野古の新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、県議会の県政与党の全3会派は23日、選択肢を賛否の2択から「どちらでもない」を加えた3択へ変更する条例改正を容認することを決めた。これにより、県民投票が全県で実施される公算となった。