浦添市前田で昨年7月に発見され、厚生労働省によるDNA鑑定で12日までに身元が判明した沖縄戦の遺骨が、秋田県から出征した旧日本軍所属兵士の田畑耕三さんであることが13日、分かった。同日、厚労省から、田畑さんの息子の一男さん(75)=東京都=に「お父さまのご遺骨と判明しました」と連絡があった。