日産自動車は24日、臨時株主総会を4月中旬に開催する方向で検討を始めると発表した。前会長カルロス・ゴーン被告=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=らを取締役から解任し、フランス大手ルノーの会長に決まったジャンドミニク・スナール氏を日産の取締役に選任するため。日産の西川広人社長は横浜市の本社で記者会見し、スナール氏の日産入り後の役職は臨時株主総会後に決まると説明した。

 横浜市の本社で記者会見する日産自動車の西川広人社長=24日夜

 日産は同日、ルノーが新体制を固めたことについて「全面的に支持する」と歓迎する声明を発表した。(共同通信)