沖縄タイムス+プラス ニュース

「どちらでもない」加え3択に 県民投票 沖縄県議会が全会一致へ 

2019年1月24日 22:08

 2月24日投開票の沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票について、2択から「どちらでもない」を加えた3択に条例を改正する新里議長の案を協議してきた沖縄県議会の会派代表者会議は24日夜、全会一致になる見通しが立ったことを確認し、玉城デニー知事に報告することを決めた。沖縄・自民の照屋守之氏が出席し、「自民案を取り下げ、議長案を認める」と語った。

投票箱(資料写真)

 玉城デニー知事は、全会一致の環境が整ったことから、3択案を県議会に提出する。現行条例での県民投票に不参加を表明する沖縄、うるま、宜野湾、宮古島、石垣の5市長は、3択案を歓迎する姿勢を示しており、全県で投票できる見込みとなった。

「県民投票」これまでの記事一覧


「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間