【平安名純代・米国特約記者】米空軍が今後5年間で51機のF15戦闘機を退役させる計画を立てていることが13日までに分かった。  このうち21機は海外配備分から削減する。