名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、県議会が24日、「賛成」「反対」「どちらでもない」を加えた3択への条例改正案を全会一致で可決することを確認したことに、「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表は「よかった」と胸をなで下ろした。 約10万筆の署名は2択で集めてきた。