まさに急転直下で、名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の全県実施への道筋が見えた−。「私どもの案を取り下げ、議長案を認める」。議長の示した3択案に唯一難色を示していた沖縄・自民の照屋守之県議は24日夜、か細い声で、全会一致での可決に賛同する意向を伝えた。半日に及ぶ議論が実を結んだ瞬間だ。