【石垣】市民の手話への理解と普及を図る市手話言語条例の素案をまとめた検討委員会の大田幸司委員長(八重山特別支援学校校長)らが15日、市役所に中山義隆市長を訪ね、同条例案を答申した。2月1日までパブリックコメント(意見公募)を行い、3月議会に上程する。