東京商工リサーチ沖縄支店が14日発表した2013年に休廃業や解散した県内企業は前年比4%増の366件で、過去10年で最多となった。県内は景気拡大などで倒産件数が2桁台の低水準で推移する一方、経営の見通しが立たず、事業継続を断念する企業が増えていることが分かった。