名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、県議会の全会派が、選択肢を賛否の2択から「どちらでもない」を加えた3択とすることで合意した。選択肢が2択であることや、県議会が全会一致でなかったことなどを理由に不参加を表明していた5市長の、参加への条件が整った。