沖縄タイムス紙面掲載記事

[解説]/保守系市長の判断尊重

2019年1月25日 05:00

 自民党が、新里米吉県議会議長が提案した「3択」を容認したのは、改正条例案を県議会で全会一致で可決することで、全県での実施が可能になることを重視したためだ。不参加から一転、前向きな姿勢に転じた保守系の5市の市長の判断を支持する必要があるとの考えもあった。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS