沖縄タイムス+プラス プレミアム

「民意」実現へ〜住民投票の現場から(19)与那国陸自配備 投じた1票に「責任」

2019年1月25日 05:00有料

 「自分の投じた1票は正しかったのか…」。2015年に与那国町であった陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票。若者の一人として「賛成」に1票を投じた與那覇有羽氏(33)は、いまだに明確な答えを出せずにいる。 島には高校がないため、15歳で島を離れ沖縄本島の高校、大学に通った。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間