沖縄県名護市内の宮里めぐみさん(39)に次男が誕生した後、両親の畑で「おちんちん」付きのニンジンが収穫された。上の子が通うこども園に持ち込み、職員や保護者の間でも話題沸騰となっている。

男の子形のニンジンに驚く(左から)宮里めぐみさん、惇輝ちゃん、麻菜ちゃん、東江扶美子園長=名護市・海青こども園

 めぐみさんの次男惇輝(あつき)ちゃんが生まれたのは昨年12月12日。その約1カ月後、本部町に住む両親が男の子形のニンジンを掘り出した。

 初めて年下のきょうだいができ、おむつ替えなどかいがいしく面倒を見ている次女の麻菜ちゃん(6)は「一緒でびっくりした」。めぐみさんは「うちでは『ちんにんじん』と呼んでいる。あまりに見事なので、惇輝と並べて写真を撮った」と笑う。

 麻菜ちゃんが通う市内の海青こども園に持っていくと、さらに大盛り上がりに。職員の間で「一番楽しんでいた」と評判の東江扶美子園長(75)は「園児、迎えの保護者、職員全員に見せた。園始まって以来の大笑いです」と終始笑みを絶やさなかった。