ニライ消防本部は22日、沖縄県北谷町の宮城海岸の沖合約300メートルで溺れていた女性の救助に協力したとして、キャンプ・コートニー所属の米海兵隊少佐ウィリアム・イースターさん(39)に感謝状を贈った。北谷町役場で消防本部副管理者の野国昌春町長が手渡した。

北谷町内で溺れていた人の救助に協力したウィリアム・イースターさん(左)と、感謝状を手渡す野国昌春町長=北谷町役場

 昨年12月8日、同海岸付近をジョギング中に女性の夫から助けを求められたイースターさんは、近くに居合わせた2人の外国人男性に消防への通報などを指示した後、近くのダイビング店から借りた浮輪を泳いで女性に届け、消防が駆け付けるまで付き添った。

 感謝状を受け取ったイースターさんは「ゲストとして沖縄に住んでいるが、素晴らしい人たちがいる。海兵隊員として地域の人を助けられたことを誇りに思う」と述べた。

 野国町長は「瞬時に的確な行動ができるのは日頃の訓練の成果。勇気ある行動をたたえたい」と話した。