沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古署名でホワイトハウスへメッセージ送付 請願者のカジワラさん

2019年1月27日 05:10

 【平安名純代・米国特約記者】米ホワイトハウスの電子署名サイトで、沖縄県民投票まで名護市辺野古の新基地建設工事の一時停止を求める請願を始めた県系4世のロブ・カジワラさん(32)=ハワイ在住=は21日(米東部時間)、ホワイトハウスから電子メールを受け取った。

ホワイトハウスの請願サイト

 カジワラさんは同日、ホワイトハウスのホームページの問い合わせフォームからトランプ米大統領に請願と同内容のメッセージを送付。「ホワイトハウスへご連絡ありがとうございます。あなたのメッセージを慎重に検討中です」というメールを受け取った。

 ホワイトハウス報道官によると、同フォームを利用して送られてきたすべてのメッセージに受信を知らせる自動返信通知で、内容を個別に検討して返信したものではないという。

 電子署名は24日現在、約20万9600筆に達している。カジワラさんは、来月中旬に東京で講演や記者会見などを開いた後に訪沖し、県民投票を支援する活動などを予定しているという。

 ホワイトハウスへの問い合わせは居住地を問わず、日本語でも送信可能。アドレスは、https://www.whitehouse.gov/contact

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス