沖縄政経懇話会21(会長・武富和彦沖縄タイムス社社長)の1月定例会(第549回)が30日午後4時から、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハで開かれる。元厚生労働事務次官の村木厚子氏が「女性の活躍推進に必要なこと」と題して講演する。

村木厚子氏

 村木氏は中央省庁で史上2人目の女性事務次官として活躍した。講演では、自身の経験を交えながら、働く女性を取り巻く環境の変化や国内外の現状について解説。女性が生き生きと活躍するために必要な施策や企業での取り組みなどについて提言する。

 講師略歴 1955年、高知県生まれ。78年高知大学卒業後に労働省(現厚生労働省)に入省。女性政策、障がい者政策などに携わり、2008年雇用均等・児童家庭局長、12年社会・援護局長などを歴任。13年7月から15年10月まで厚生労働事務次官を務めた。著書に「日本型組織の病を考える」(角川新書)、「あきらめない」(日経BP社)などがある。

   □   □

 政懇21は会員制です。申し込み・問い合わせは同事務局、電話098(860)3542