第34回泡盛の女王選出大会(主催・県酒造組合)が27日、北中城村の大型ショッピングセンターで開かれ、一般投票と6人の審査員による選考で沖縄市の喜納舞杏さん(20)、那覇市の砂邊由美さん(24)、那覇市の知念妃さん(28)の3人が選ばれた。

新泡盛の女王に選ばれた(左から)喜納舞杏さん、砂邊由美さん、知念妃さん=27日、北中城村・イオンモール沖縄ライカム

 琉球大学2年の喜納さんは「観光を学んでいるので、泡盛を世界へ広め観光につないでいきたい」と抱負を述べた。砂邊さんは「先人が守ってきた泡盛文化を責任もって若い世代に伝えていきたい」と決意の表情。伊江島出身の知念さんは「精いっぱい泡盛の魅力を多くの人に広め、好きになってもらいたい」と意気込んだ。

 新女王の3人は研修を経て4月から活動をスタートさせ、1年間にわたり国内外でイベントなどを通じて泡盛の普及に努める。