沖縄タイムス+プラス ニュース

ボクシング県高校春季:平田打ち合い制す

2014年3月17日 06:50

 ボクシングの第20回県高校春季大会(主催・県アマチュアボクシング連盟、共催・沖縄タイムス社ほか)最終日は16日、沖縄水産高校武道場で8階級の決勝を行った。バンタム級は平田貢大(宜野座)が打ち合いを制し、3-0のポイント勝ちで頂点に立った。フライ級は田上慎馬(沖水)が、出入りの激しいスタイルでポイント勝ちした。

バンタム級決勝 3回、左ストレートを決める宜野座の平田貢大(左)=沖縄水産高校武道場(松田興平撮影)

 
名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気