在沖米軍トップの四軍調整官を務めるエリック・スミス中将は23日、県庁を訪れ、玉城デニー知事を表敬訪問した。スミス中将は「私はこの島にいる米軍関係者すべての責任を負う覚悟だ」と述べ、訓練の安全性の配慮や軍人の教育に取り組む考えを示した。