名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て工事の賛否を問う県民投票は、選択肢を3択にすることで全県での実施が確実となった。県議会各会派の調整が実現につながった。過去に開かれた米兵の暴行事件やオスプレイ配備撤回を求める超党派の県民大会も、政党間の協議を経て多くの県民が意志を示す機会が設けられた。