県メモリアル整備協会(南風原町、堤純一郎理事長)の新垣裕之事務局長らが21日、沖縄タイムス社を訪れ、南風原町のふるさと納税の返礼品として、同協会が県内のメモリアルパークで取り扱っている「永代供養」を採用したと報告した。