【東京】名護市辺野古の新基地建設の埋め立てに使っている土砂の細粒分含有率を巡り、防衛省は25日、「細粒分含有率の割合といった仕様は、県の承認を必要とするものではない」との認識を示した。野党超党派の沖縄等米軍基地問題議員懇談会などで説明した。  議員からは「県が疑義を挟んでいる。