日本自然保護協会(亀山章理事長)は25日までに、名護市辺野古の新基地建設工事を即時中断するよう求める意見書を政府に送った。 埋め立て区域の地盤改良工事では、騒音や周辺海域の水質変化、地下水脈の寸断により、サンゴや海草などに大きな影響を与えると懸念した。