【平安名純代・米国特約記者】フィリピンにおける米軍の巡回配備などをめぐり、米比両政府がマニラやクラークなどの基地を共同使用することで合意したことが16日までに分かった。新協定が発効すれば、同国への米軍の部隊や航空機などの配備が増大し、在沖米海兵隊の巡回配備にも影響を与える可能性がある。