名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が埋め立て区域に投入している土砂について、県は25日、埋め立て承認申請の際に防衛局が示した「購入時の有害物質検査」を実施していないとして、土砂の投入の即時停止と、投入した土砂の撤去、周辺海域への影響調査の実施を指導する文書を防衛局へ送った。