沖縄タイムス紙面掲載記事

「ハンスト同様に尊い」/「否決」求めた宮崎氏/「全県民の参加方法を模索」

2019年1月26日 05:00有料

 保守系市町村議員対象の県民投票に関する勉強会で講師を務めた宮崎政久衆院議員は25日、全県での投票実施に動き出したことを受け、「立場の違いを超え、英知と勇気と努力による一つの結晶なら尊い話だ」と評価した。

連載・コラム
きょうのお天気