琉球銀行(川上康頭取)はフィギュア製作のロボマニアックス(那覇市、青田直也代表)と協業し2月10日、イメージキャラクターの「りゅうぎんロボ」の可動式フィギュアを発売する。同日から、ロボマニアックスの公式サイトで購入予約を受け付ける。

りゅうぎんロボ(中央)の可動式フィギュア化を発表する企画開発担当のライトライングラフィックスの上地克也さん(左)とロボマニアックスの青田直也代表=28日、那覇市の沖縄タイムス社

 フィギュアは高さ26センチ、重さ465グラムで黄銅やステンレスを使っている。組み立てるとほぼすべての関節が動く。価格は7万5300円。

 2月10日に千葉市の幕張メッセで開かれる「ワンダーフェスティバル2019冬」に出展し、現物を披露する。同月1~28日までの間は、現物や関連グッズが当たるキャンペーンを琉銀公式ツイッターで実施する。

 問い合わせは琉銀メディア戦略室、フリーダイヤル(0120)198689。