沖縄タイムス+プラス ニュース

自民党沖縄県連、県民投票巡り内部で意見まとまらず 先行き不透明

2019年1月29日 05:00

 名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、自民党県連(照屋守之会長)は28日、議員総会を開き、2択から3択に変更する県議会議長案を容認した経緯を説明した。しかし、一部議員から反発が上がり、自民の採決への対応は29日に見送りとなった。県連関係者によると、退席した上で全会一致とする方向で最終調整しているが、反対を主張する議員もおり先行きは不透明だという。

 県連は28日午後、休憩を挟みながら約5時間にわたり断続的に協議したが、海外出張などで詳細を把握していなかった議員らから県連執行部の手続きへの疑問が噴出した。

 会合後の会見で島袋大幹事長は「まだまだ時間を要する」と述べ、29日の米軍基地関係特別委員会での改正案審議などを見た上で、自民としての考えをまとめると説明した。

 改正案を巡っては、24日の各派代表者会で新里米吉議長が「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択案を提案。照屋氏が容認したことから、与野党が全会一致で可決する見通しとなっていた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS