【名護】辺野古新基地建設を巡り、昨年12月に土砂投入の即時中止を求める意見書を賛成多数で可決した名護市議会野党と大城秀樹議長は28日、沖縄防衛局を訪れ、新基地建設強行に抗議した。  意見書では土砂投入中止のほか、琉球セメント所有の桟橋からの土砂搬出の停止、米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去を明記。