県議会与野党が「全会一致」を確認し、全県実施の見通しがたっていた名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に、暗雲が漂っている。28日、自民県連内から、容認した執行部の手続きに不満が噴出したためだ。