名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、自民党県連(照屋守之会長)は28日、議員総会を開き、2択から3択に変更する県議会議長案を容認した経緯を説明した。しかし、一部議員から反発が上がり、自民の採決への対応は29日に見送りとなった。