「守備で崩れたら、流れを失う」。美里工の神谷嘉宗監督は、強豪ひしめくトーナメントの戦いで、守備の重要性を強調する。  指揮官は「センターラインは失点を防ぐ上で最重要」と、特に二遊間のプレーを重視する。秋の公式戦全試合に出場した遊撃手の西藏当祥は「慌てず、確実に」を心がける。