沖縄タイムス+プラス ニュース

不参加を表明した5市長の判断は? 県民投票の3択改正、一定評価

2019年1月30日 08:31有料
9秒でまるわかり!
  • 県民投票の改正案は全会一致にならず5市長の判断が再び焦点に
  • うるまと沖縄は実施する方向。石垣も市議会で可決される見込み
  • 宜野湾は再調整が必要とし、宮古島は議員の全員協議会で決める

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、県議会は29日の臨時会で賛否に「どちらでもない」を加えた条例改正案を賛成多数で可決した。条例改正について、不参加を表明していた5市長とも一定評価を示しているが、実施する方向で作業を進めているのはうるまと沖縄の2市のみ。

連載・コラム
記事を検索