離島の患者や妊産婦の経済的負担を軽減するため、県が2017年度に始めた離島患者等支援事業について、県医療政策課は28日までに、初年度は13市町村に689万4千円を補助し、患者ら延べ2121人を支援したと発表した。 県の補助が受けられることで、各市町村では支援内容を拡充する動きが出ている。