辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、県議会は「賛成」「反対」の選択肢に、「どちらでもない」を加えた3択とする条例改正案を賛成多数で可決した。 県政野党の自民党の一部議員が反対し、「全会一致」とならなかったのは残念である。