自民党県連の照屋守之会長は29日、全会一致での可決を目指していた県民投票の改正条例案の採決で自民党会派から反対が出たことの責任をとり、会長職を辞する意向を示した。県議会内で記者団に語った。 照屋氏は「県連会長として全会一致にすることができなかったことに深く責任を感じている」と述べた。