名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、県議会は29日の臨時会で「賛成」「反対」に「どちらでもない」を加えた条例改正案を賛成多数で可決した。出席議員のうち、自民党会派の5人は反対、4人が賛成、2人は退席した。