【豊見城】市翁長の宅地造成現場で見つかった米国製250キロ爆弾の信管離脱作業が22日午前10時から発見現場で行われる。  午前9時45分から正午までの間、現場から半径288メートルの範囲が立ち入り禁止になる。