生八つ橋の「おたべ」やバウムクーヘンの「京ばぁむ」などを製造販売する京都の老舗菓子メーカー美十(酒井宏彰社長)が沖縄に初進出する。3月18日に開業する那覇空港際内連結ターミナルに出店。代表的な土産品を那覇空港で販売して、増大する外国客のニーズに対応する。また、うるま市に工場を設け台湾などアジアへの輸出も視野に販売戦略を展開する。

那覇空港際内連結ターミナルに出店する「美十」の店舗「おたべ・辻利那覇空港店」のイメージ図(同社提供)

沖縄初進出を発表する「美十」の酒井社長(左)と松本典子チーフ=30日、沖縄タイムス社

那覇空港際内連結ターミナルに出店する「美十」の店舗「おたべ・辻利那覇空港店」のイメージ図(同社提供) 沖縄初進出を発表する「美十」の酒井社長(左)と松本典子チーフ=30日、沖縄タイムス社

 那覇空港では、外国客から抹茶を使ったお菓子や「白い恋人」といった県外の人気土産品へのニーズが強かった。同社は2020年の那覇空港第2滑走路の開業など外国客の増加が見込めることから、沖縄進出を決めた。

 「おたべ・辻利那覇空港店」では、「おたべ」や「辻利」ブランドのラスク、ソフトクリームなど人気商品10アイテムを取りそろえる。初年度の売り上げは1億円を目指す。

 また、同社は沖縄出店をきっかけに、製造工場も新設する。うるま市の工業団地に用地を取得しており、7月に着工する予定。県内に製造拠点を置くことで鮮度の良い商品の提供や、アジアも展開も進める。

 酒井社長は「沖縄に拠点を置くことで、アジアへの輸出事業など沖縄経済にも貢献したい。将来的には沖縄独自の商品も作りたい」と語った。